FC2ブログ

Entries

本当にたいせつなもの

「ほんとうにたいせつなものが見つかると人は強くなれると思うの。たいせつなもののために自分の時間や情熱を注ぐことができるようになるの。」

作詞家、吉元由美さんの言葉。

本当に大切なものについて考えてみた。


大切なもの?
大切なこと?
大切な人? 

人それぞれで良いと思う。


私は、私の人生の中心に…
本当に大切なものの存在がある。

【大切なもの】は【自分が自分で在ることを実感出来る存在】
だから、自分が自分であるために頑張れるし…
大切なものがあるから強くなれる。

私は聖人君子でもナイし…大切なものを得る前は
人間的な俗世的なことに一喜一憂して…
日々、些細な事で悩んだりもしていた。
生きるのがツライと感じたことも一度や二度でもなく。
だけど、【大切なもの】と出逢えて、すこし強くなれた。

私が【大切なもの】と出逢った出来事…
初めてのデッサンのクラス。

私は、最初から画家を目指した訳でもなく…
地元の大学で外国人向けの英語のクラスを終了して、アメリカ人と同じ授業がとれるから絵なら得意だし言葉のハンディキャップも気にならないだろう…という安易な理由だった。
そんな、些細な理由だったのだけど…
人生の転機となるような衝撃的な出来事になった。

銀髪とも呼べるような美しい白髪で青い眼の老齢の女性が講師だった。
イチバン基礎の静物画のクラスだったけれど、やみくもに石膏デッサンをさせる訳ではなく、石膏や古いランプや木枠などを組み合わせていつも創作意欲をそそるオブジェを教室の真ん中に並べて描かせたり…いろいろなアプローチや画材で授業をした。
毎回、毎回…すごく楽しくて、カラカラに乾いた沙漠に水がしみ込んで行くような感覚。宿題もたくさん出す講師だったけれど…宿題すら楽しくて仕方が無かった。心からの喜び。生きていると言う実感を感じた。
絵の勉強をしたい→アート関係の仕事をしたい→画家になりたい…となって美大に編入して行くのだけど、この事は本格的に【絵を描くこと】に巡り逢った最初の出来事だった。

紆余曲折して絵画と巡り逢ったので、絵を描くこと自体がツライと思ったことはない。嬉しくて嬉しくて仕方が無い…
だけど、間接的なイロイロな出来事にウンザリするような事はある…

だけど、大切なものがあるから、私は負けない。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/943-9e2f0b0a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本、大分など。。百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,大分トキワ、山下画廊など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。

☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008