Entries

母子を描く理由

ある画家(男性)に「子どもは成長してるのに母子像を描くのは無理があるんじゃないか?」と言われた。
年配の方なので「違う!」と言い返せなくて凹んだ…

確かに赤ちゃんは大きくなるのだけど…
母親にとって成長しても我が子は我が子。
小学生でも可愛さや愛おしさはちっちゃな頃と変わらない。

私がテレビを見ていると寄って来て、私の膝を膝枕にゴロゴロしながら自分は本を読んでいたりする。
ふと、今か描いている絵の構図と似たような感じで。
小さな息子ではなく、ちょっと成長した息子だけど、彼の存在を感じながら…
平和だなぁ…とシアワセを噛み締める。

我が子に対する愛情は当然だけど…
私は、身近な大人、大切に思う相手に対してもそういう愛情を持って接する。
かつて少年だった男性。
かつて少女だった女性。
気心赦してリラックスして接してくれる知り合いは、無防備に無邪気な子どものような笑顔を見せることもある。。
愛おしいなぁ…と思う。

そういう…
隣人に愛するキモチを持っていたら戦争なんか起きないんじゃないか。
 
…そんな想いを絵にこめたいのだ。

言い返せなくて、悶々としながら…
その話を(偶然だけど)尊敬する女流画家のMさんに話した。
コロコロと笑いながら「気にせんでいいのよ。描きたいモノを描けばいいんだから。」と言った後に…
「子どもがどんどん成長していくと、母子の絵もどんどん成長して行くと思うわよ。実際の子どもは大きくて小さい子との母子を描くいていいのよ。心象風景も加わってより訴える力が強いもっともっと良い絵になると思うわよ。続けて行くと未来の絵は今よりももっともっと良い絵になるわよ。」と言ってくれた。

愛する人がいる。
愛すべき人たちがいる。
大切に思う人がいる。
大切にしたい人がいる。

そして…見返りを期待せずとも…
そういう相手から、愛されている。大切にされている。

人と人の関わりの中で…
そういうキモチを持てることがしあわせだし…
世界平和に繋がっていくのではないかと思う。

そんな絵を描き上げたいのだ、私は。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/931-92fca465

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008