Entries

ぶれない生き方


若いうちから何をやるにしても小器用にまとめて世に出て来る人がいます。
そういう人と、今の芽の出ない自分を比べて羨んだり落ち込んだりすることがあります。そんな人と比べてクヨクヨする必要はありません。

小器用にこなす人は、最初の頃は良くても結局は尻すぼみになってしまうことが実に多いのです。

そのためには…安易に人の真似をしないこと。

カラオケをいくら上手く歌ってもしょせんはその歌の歌手を越えることは出来ないでしょう。
私は、それよりも下手でも良いから自作の歌を自分で歌っている人の方が素晴らしいと思うし、将来はようようだと思います。

「これが自分のものだ」と胸を張って言えるまで、じっと基礎を学ぶのです。

________________

日本を代表する日本画家で昨年亡くなった平山郁夫氏のセリフが『美の巨人』で紹介されて深く共感しました。

じっと基礎を学ぶこと…
本当に本当に大切なことです。

この平山郁夫氏に影響を与えたのが大叔父の清水南山氏だったそうで…
________________

たとえ技術はまずくても
自分の世界を持てるようにならなければいかんのだ。
そのためには教養が肝心だ
高い教養を養ってこそ
画家としての道も開けるものなんだ


________________

私自身も実感するのだけど…
画家として美術の学校で学ぶことは技術的なこと表面的なことを中心に【必要最低限】のことなんですよね。
もうひとつの画家として必要なことは、さらにそれに加えて「自分は一生掛けて、絵で何を訴えていくか」という芸術理念を確立することが必要。
そのために、平山郁夫氏は文学や哲学書を片っ端から読破していったそうだ。


すごくすごく深く共感しました。

*文章は番組「美の巨人」から聴いて引用したので誤字脱字あるかも…(^-^;)
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/873-36c9e883

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本、大分など。。百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,大分トキワ、山下画廊など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。

☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008