Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/645-db3b5182

トラックバック

コメント

[C641] お疲れ様でした!

往復3,000km弱でしょうか? 8/24弊社工場見学を終え、一路久留米に向け日本海経由をお勧めしましたが、中越地震の復旧改修工事で途中通行止めがあったのではと案じておりましたが、8/25 a.m.11:00頃、久留米に安着の連絡を頂きホットしていました。
リポート1,2それぞれは意見しました。1カ所福島→福井の誤記がありましたが・・・。画家にとって余りに大量のキャンバスを一度にお見せするのはどうかと思いますが、製造開始から完成までの時間を考えると最大200本のキャンバスが天井に干される(乾燥)ことになります。
キャンバス屋としてはより多くの絵画制作者の方々が品質に頓着され心豊かな作品制作のお手伝いが出来れば幸いです。
今回の取材見学にお付き合いいただいたご子息・ご主人にも感謝いたします。

これからも余り難しくない質問歓迎です・・・!
更なるご活躍をお祈り申し上げます。
フナオカ・キャンバス製造元
日本画材工業株式会社
 船岡廣正

[C643] ありがとうございます♪

船岡さんにお会いするのを心待ちしておりました。

お会い出来て、お仕事を拝見出来て感激&感無量でした!

私自身、最高の品質で最高の作品を手掛けて後世に遺すのが目標なので、船岡さんのキャンバスに対する姿勢は…本当に心強く出逢うべくして出逢ったと確信しています!

自分自身の製作に対する自戒の為にも船岡さんの製造工程は出来る限り事細かに記したいと思っています。もし、誤解を招くような記述や表記がありましたらご指摘頂けると助かります!

[C645]

いや~凄い取材です!勉強になりました。
今は、膠ではないのですね~
  • 2009-08-28 07:53
  • ぱんどる
  • URL
  • 編集

[C648] Re: タイトルなし

キャンバスに膠のみ…と言うものは販売されているみたいですけど、膠を膠を目止めに使ったものはオーダーのみだそうです。
製造する時期を選ぶので多分オーダーしてからも、時期に寄っては何ヶ月待ちか必要かもしれません。

[C856] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C857] Re: フナオカキャンバス破産ショック

コメントありがとうございます。
フナオカさんの個人的な連絡先は存じ上げておりますが、フナオカさんの再建を信じて連絡は取っておりません。
関係者の方もこちらのブログを見てくださったりしているようで断片的な情報は入ってきています。

詳細は申し上げられないのですが。。。
まだ再建をあきらめていないのではないかと見受けます。

ルネッサンスパネル、いい品ですよね。
メールが届くかどうかはわかりませんが、コピペして転送しておきますね。。

  • 2016-01-06 22:53
  • 桑水流みき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本画材工業(フナオカキャンバス)リポート♪ その2

油絵やアクリルのキャンバス地(画布)は、主に麻をつかいます。
これは紀元前から使われて居たことで証明されているように最も丈夫な植物繊維とも言われているそうです。
現在はキャンバス用に日本国内での生産はなく海外から輸入しているそうですが、輸入する年度やエリアに品質の差もあるようですが、常に質を安定するように世界中から輸入し品質を管理しているそうです。さらにそれを国内で織ってキャンバスになる布地になります。

funaoka12_2.jpg

布地は、一巻き(10メートル)ごとに広げて吊るされます。

funaoka02-2.jpg

広げられたキャンバス地…

近くで見てビックリです
広げられたキャンバス地は、目止め剤や地塗り剤が塗られて行くのですが、その前段階として手作業で布が広げられて釘で止められています。(縁のところを見てみてね)

funaoka03-4.jpg

↓下から見たところ
funaoka03_3.jpg
1枚1枚をピンと広げて行くのは気の遠くなりそうな作業です。


広げられたキャンバスは職人さんが表面のヤスリ掛けと布の状態をチェックして行きます。
funaoka04_1.jpg

↑これは往復の工程で行なわれていました。
その後、表面のゴミなどを落すためにいったん裏返し…

funaoka04-2.jpg

さらに…チェックした後に、目止め剤(PVAと言われる合成樹脂だったりニカワだったり)を塗ります。(*ニカワは特注のみ)

今回、見学させて頂いたときは目止め剤を塗っていました。
(目止め剤とは地塗り(主に白い塗料)をする前に麻布に塗り、地塗り剤が麻布に進入するのを防ぐ役目をし目地を固定するために使われるようです。)


funaoka05_1.jpg

数名で一挙に塗って行きます。
1枚(10m)につき、2往復するようです。(場合に寄ってはそれ以上)

目止め剤を塗った後に職人さんが手作業で包丁を使いつつ目の飛び出ている部分を切ったり整えて厳しくチェックした後、地塗り剤(白い塗料)を塗ります。

funaoka05_2.jpg

地塗りするところは見学出来なかったのですが、こういう器具を使うそうです。


10枚を横にならべ一挙に作業をし、地塗り後に10枚ずつ縦に並び乾燥させます。

funaoka03_1.jpg


一連の作業は全部、熟練した職人さんの手作業で行なわれます。

funaoka06_1.jpg

↑ついついアレコレと質問をしていたのですが…船岡さんはと~っても丁寧ににこやかに答えてくださいました。


(まだまだつづく)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/645-db3b5182

トラックバック

コメント

[C641] お疲れ様でした!

往復3,000km弱でしょうか? 8/24弊社工場見学を終え、一路久留米に向け日本海経由をお勧めしましたが、中越地震の復旧改修工事で途中通行止めがあったのではと案じておりましたが、8/25 a.m.11:00頃、久留米に安着の連絡を頂きホットしていました。
リポート1,2それぞれは意見しました。1カ所福島→福井の誤記がありましたが・・・。画家にとって余りに大量のキャンバスを一度にお見せするのはどうかと思いますが、製造開始から完成までの時間を考えると最大200本のキャンバスが天井に干される(乾燥)ことになります。
キャンバス屋としてはより多くの絵画制作者の方々が品質に頓着され心豊かな作品制作のお手伝いが出来れば幸いです。
今回の取材見学にお付き合いいただいたご子息・ご主人にも感謝いたします。

これからも余り難しくない質問歓迎です・・・!
更なるご活躍をお祈り申し上げます。
フナオカ・キャンバス製造元
日本画材工業株式会社
 船岡廣正

[C643] ありがとうございます♪

船岡さんにお会いするのを心待ちしておりました。

お会い出来て、お仕事を拝見出来て感激&感無量でした!

私自身、最高の品質で最高の作品を手掛けて後世に遺すのが目標なので、船岡さんのキャンバスに対する姿勢は…本当に心強く出逢うべくして出逢ったと確信しています!

自分自身の製作に対する自戒の為にも船岡さんの製造工程は出来る限り事細かに記したいと思っています。もし、誤解を招くような記述や表記がありましたらご指摘頂けると助かります!

[C645]

いや~凄い取材です!勉強になりました。
今は、膠ではないのですね~
  • 2009-08-28 07:53
  • ぱんどる
  • URL
  • 編集

[C648] Re: タイトルなし

キャンバスに膠のみ…と言うものは販売されているみたいですけど、膠を膠を目止めに使ったものはオーダーのみだそうです。
製造する時期を選ぶので多分オーダーしてからも、時期に寄っては何ヶ月待ちか必要かもしれません。

[C856] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C857] Re: フナオカキャンバス破産ショック

コメントありがとうございます。
フナオカさんの個人的な連絡先は存じ上げておりますが、フナオカさんの再建を信じて連絡は取っておりません。
関係者の方もこちらのブログを見てくださったりしているようで断片的な情報は入ってきています。

詳細は申し上げられないのですが。。。
まだ再建をあきらめていないのではないかと見受けます。

ルネッサンスパネル、いい品ですよね。
メールが届くかどうかはわかりませんが、コピペして転送しておきますね。。

  • 2016-01-06 22:53
  • 桑水流みき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。