Entries

薔薇園 (サーディ)

サーディと言う13世紀のイランの思想家&詩人の「薔薇園」(と言う詩集)の中の言葉です。
__________

「ヒヤシンス」

品物が奪われ財産をなくし
二個のパンしか持っていなければ
一個を売り、そのお金で
魂を養うためにヒヤシンスを買うとよい

__________

ヒヤシンスはあなたのココロを癒し慰めてくれるでしょう…と言う意味なのだけど、本物の花と言う意味ではないような気がします。

…と言うのも、一方で「薔薇園」と言う名の由来について

__________

花瓶の薔薇花が汝のため何の役に立とう、
汝は私の薔薇園から花弁を摘め!
花瓶の薔薇花は僅か五、六日の生命に過ぎぬ、
されど私の薔薇園は永久に楽しかろう!
__________

…って言ってるんですよね☆

暗喩で芸術の意義を述べているのかな…と思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/275-2fc6d2cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本、大分など。。百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,大分トキワ、山下画廊など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。

☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008