Entries

母子像を描くときの背景



私は仕事をするときBGMをかけるのだけど、今回この曲が作品にぴったりな気がして繰り返し流していました。

「彼方の光」という曲なんですけどね。。

天使が降りてくるようなイメージです。

この歌声を聴いていると、我が子が神様に授けられた存在だということをひしひしと実感します。。

離れていても息子の存在があるから頑張れる自分がいて、存在そのものが愛おしいのだけど、息子が頑張っていることがさらに私の希望の光になるんだなぁ、ということを噛みしめていたり。。


制作途中の作品。(一部)
IMG_3386.jpg


それと。。
絵を描くときは五感を使って描くのですが、母子を描くときは私自身の経験を追体験しています。

私にとっては、一つ一つの思い出が大切な宝物です。
その宝物を心の引き出しから引き出して描いています。

息子が赤ちゃんだったのは、もう随分前なのに腕に抱く質感や感触、子供の表情もリアルに蘇ってきて、我が子への愛おしさに胸がいっぱいになりながら描いています。

私の母子は人気らしいのですが、そういう「母の感動」や「我が子への愛情」が作品観る方に伝わるのだろうな。。と思います。。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1734-c2c8c5f7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008