Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1695-161c8fb7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

立志式、余談。。

先日の立志式の講演の画像、伊敷小学校の先生からいただきました

P1160015.jpg

講話の前はちょっぴり緊張もしたのですが、実際に始まると割と緊張せずに喋れました。
いただいた時間は1時間20分。
リラックスして和やかな時間が過ぎていったような気がします。。

アメリカに住んでいた頃にワシントン日本語学校補習校(現:ワシントン日本人学校)で教壇に立つ機会を与えてもらったり、その後も息子が小学校に入学してボランティア英語教師として教壇に立ったりしていたので、人前でしゃべるのは結構緊張せずにしゃべれるようです。。


ところで、後半のアートに関するお話でピカソの幼少期(14歳の頃)のデッサンを紹介したのですが。。。

「この作品、誰の作品かわかりますか?」
…と質問したところ、

web_20160122104506bfa.jpg

「ラッセン!」
「ピカソ!」
「ゴッホ!」
…と言う回答が。。。(汗)

思わず「永野ですか?」と心の中でツッコミしたけど、触れず(笑)
(お笑い芸人の永野氏が「ゴッホとピカソに捧げる歌」というのをやってるんですよ。♪ゴッホより ピカソより ラッセンが好き〜♪というネタでウケているようです。。。)

ところで、ラッセンは画家というよりイラストレーターではないかと思います。

画家とイラストレーターの違いについては、絵で表現するという点では同じなのですが、それぞれの作品の持つ役割が違うのではないかと思います。

イラストと絵画の違いについては。。。
他のサイトですごくわかりやすく書いてあったので引用します。。

____

イラストと絵画は、絵を表現するという意味では共通しているが、それぞれの持つ役割が異なる。

イラストとは、イラストレーション(英語:illustration)を省略して呼んでいるものであり、ある物または事について、メッセージ性を視覚化して分かりやすく訴求する手助けとするものが多い。イラストレーションの語源であるラテン語では「分かりやすくするもの」という意味であり、西洋諸国ではもともとは書物などの挿絵等の図版のことを指していた。現代では、イラストレーションは広義の解釈が取られ、ただ単なる絵ではなく、メッセージ性を込めたものとなっている。イラストは日常生活の至る所で目にすることができる。

絵画とは、造形美術のひとつである。絵画とは西洋から持ち込まれた概念であり、線や色彩を用いて布や紙のキャンバス地などに描き出したものとされ、その画材は油性絵具、水性絵具などがある。厳密には、西洋の教会の壁に直接描かれている絵は芸術のひとつではあっても、絵画とはみなされない。絵画という概念を、日本古来からある日本美術には当てはめることは難しいとされる。たとえば、絵巻物や図屏風などは絵画とみなすか意見が分かれるところとされる。なお、絵画は、画家自身のメッセージ性が強い作品が多く、見る者に解釈する力が必要となる。日常生活で見る機会は少なく、美術館などで開催される美術展に足を運んで鑑賞することが多い。

____

日本では画家の作品よりイラストレーターの作品の方が目に付きやすいなぁ、と思います。

画家の作品って美術館や展覧会に行かないと目に触れる機会がないのに比べて、イラストはCDのジャケットやパッケージなど、割と身近にありますもんね。(巨匠の中にはもっと大衆に身近に芸術に触れて欲しいと活動した画家もいますが。)

ラッセンの絵を見て、ふと永井 博氏のイラストを思い出しました。
私も二十代になって美術館に通うようになる前の十代の頃は、トロピカルな風景を描くイラストレーターの永井 博氏が大好きでした。
中学生の頃、雑貨屋さんで永井氏のアメリカンなポスターを買ってきて部屋に貼ったりしていました。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1695-161c8fb7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。