Entries

いつも心に灯火を(2)

親友のスケジュールと合わせて来月中旬には闘病中の彼女の所に行けそうです。
作品で少しでも前向きに元気になってくれたら良いな…と思っています。。


人間って、貧富の差があっても、すべての生き物に与えられた平等なことがあります。

それは…

この世に生を受けた生き物全てがいつの日かその命が尽きる日が来るということ。。

このブログを読んでいるアナタにも永遠の命なんて与えられていない。

この世に産まれて来た以上、いつの日か命をまっとうする日が来るわけで…
その日が何の予告もなく突然来る人も居れば、ジワジワと気配を感じる人もいる。

息子が3歳位の頃、胃の調子が悪くて大学病院で検査をした事があります。
検査結果が出るまでの1週間…もちろん、最悪の結果も想像しました。
「もし、その歳でガンだったら…まぁ、もって*ヶ月だね。」
なんて…冷静に知り合いの医師にも言われました(苦笑)
“そんな事は無いでしょ。”という気持ちで言ったのだと思いますが、その時は、“そっか…、もしかしたら*ヶ月後に私はこの世に居ないかもしれないなぁ…” なんて、意外と冷静に淡々と考えたりしました。

その時に悔しいなぁ…と思ったのが
息子の成長を見守れないことは残念だなぁ
ということと…
もっと絵を描きたかったな…
…という二つでした。。

まぁ、検査結果に異常がなかったのでありがたいことに、このブログを書いている今があるのですが。

死を意識する病気になったら(病気に成ったかもしれないと思ったら)、まさにすぐ隣に死があるような気持ちになります。
でも、考えてみると…本当は、私たちすべての人の隣に死があるんですよね。
病気や寿命を全うする以外にも、事故や災害など突然の別れの可能性はいつでも私たちの隣にあります。

私は、死を意識する事は生を命を輝かせると思っています。

私は死を意識するようになっていつも…
いつか自分が死ぬ日のための準備をしています。
私が死んでも作品が遺るように…と描いています。

自分に与えられた時間を輝かせられるように…
いつも心に灯火(ともしび)を。。。
ひかりを絶やさないように。
アナタを大切に思う周りの人に感謝して。

rose2.jpg

薔薇も良く描くモチーフですが…
薔薇に大切な人への感謝の思いを乗せています。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1610-fa4f8a6f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008