Entries

愛を込めて…

個展会期中です!
展覧会に来られた方が、作品と共に賞讃を寄せて下さるのが額装です。。

20150415.jpg
桑水流みき洋画展
山形屋画廊(3号館3階)
4月21日(火)午前10時ー午後8時(最終日は午後4時まで。)


画像でも判るように…
ひとつひとつ額縁が違うんですよね。。


作品を仕上げてから…
作品に合わせて額装もひとつひとつオーダーしています。



額装まで含めて私の作品です




額縁屋さんとのやりとりを過去のブログ記事から抜粋・一部改訂。

6年くらい前の記事なんですけどね。

_________________

額縁は作家側が額縁を準備する場合と、美術商や画廊が準備する場合があるのですが、私は額縁にもコダワリがあるのでひとつひとつ自分で額縁屋さんと相談しながら準備しています。

私の場合は額縁屋さんに合わせて作ってもらっています。

さて、額縁屋さんにて。

額縁を合わせる作業の時は、ハタから見るとチョット変かも。
私が気に入った額の材料を持って来て作品に当て「コレは?コレは?」と合わせて額縁屋さんが意見を言うという感じ。
客と店員がまるで逆です(笑)
「合うと思いますよ。」
「合わない事はないと思います。」
「それは私も考えたんですが…。」
「悪くはないと思いますよ。」
肯定的な意見とは裏腹に額縁屋さんの表情は硬い。
けれど、ある材料を合わせた時に…
「合うと思いますよ。」と言う意見の表情が違う。
「!」という感じ。
「それは考えてなかったです。いや、合うと思いますよ!」
…と本当に嬉しそう。
普段から真剣勝負で額縁を考えてくれて居るのが伝わって来ます。

他にも、私が質にもこだわって居る事を理解してくれているので、似たような材料で素人が見ても判らないような部分でも違いを説明して教えてくれるようになりました。
安い額縁は安い理由があります。
本物の箔を使っていないとかプラスティックとか…塗りではなくフィルムだとか。
見た目が豪華な感じで「コレ、良いんじゃナイ?」と言っても「それはフィルムなんですよ。並べてみると判るでしょう?見慣れている人はすぐに判りますよ。」と言った感じ…。
確かに、見慣れて来ると判るんですよね。

_________________

金箔にしろ額縁にしろ…
良いモノは品格とか質が違うんですよね。
大切な鑑賞者に届けるモノなので、愛を込めて細部にまでこだわっています

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1602-8a2bf9f6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008