Entries

銀箔のはなし

私は基本的に箔は金箔とプラチナ箔を使っていますが、たまに光陽箔といって銀箔を加工して色を付けた箔も使用しています。

先日、個展の際にある作品に使っている箔が黒っぽく変色しているのを見つけました。
画廊社長にこの作品は描き直したいと申し出て説明したところ…
「いえいえ。これはこれで良いですよ。この黒が良いですねぇ。重厚感が増して更に良くなったと思いませんか?」
…と褒めて頂き逆にビックリしました。たしかに渋い色合い繊細な色合いになっていました。

 ふと思い出したのが、尾形光琳の紅白梅図屏風。
水面の部分には銀箔がつかわれています。銀箔の部分を加工して黒く変色させたという専門家の意見もありますが、描かれた当時は銀色に光っていたという説もあります。

 考えてみると油絵も何十年、何百年と経て色が変わって行きます。
作家のくせにこういう事を言うのは変ですが…ホント、絵画って作家の意図を離れて変化していくこともあり、奥深いなと思います。

62art_list_pic1.jpg
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1538-c1e71845

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008