Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1449-76878d1f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

桜島と満月

夕方、鹿児島での出来事。

息子と一緒に(ほぼ)満月の月を見た。
暦上の満月は昨日だけど…
ちょうど桜島のてっぺんから月が昇って来るところだった。

「すごいキレイだね!すごいねー!!こんな瞬間はナカナカ見れないよ。」
と言うと、
「ホントだね!キレイだね!マミィ、写真撮ったら?」
…と息子がいうので、いちおう携帯の写メを撮った。
(写メ撮ったら?と言うのは息子ながらの配慮らしい)

ブログ


「全然写っていないよ…(´・ω・`)」
…と息子。
肉眼で見た光景は蒼くて本当に美しかったけれど…
携帯の画像は真っ黒。。

でも、いいの。
「いいんだよ。写真は写真でしかナイから。感動と共に心に焼き付けて置けば、後で絵が描けるんだよ。」
「ふーん…」

納得したような納得しないような息子。。

もちろん、ヒトリで鑑賞しても、美しいものは美しい。

でも、こういう経験を大切にしたい…
“息子と一緒に、桜島から昇る満月を見た”
そういう想いで描けるから。。

鹿児島の地で桜島を見ながら、日々生活をしている息子…

私の代わりに桜島が毎日見守っていることだろうと思う。
私の描く桜島は母親のイメージでもある。。

もともと私自身も鹿児島出身なので、桜島を描いたりもしていたけれど…
息子が鹿児島で暮らしている現在…
望郷の念と息子を想う気持ちが入り組んで桜島を描く。

桜島というのは本当に特殊な山だと思う。
“ただ其処に存在する山”だけではない。
降灰や噴火の音で存在感を自己主張してくる。
地球が生きているのだと言うことを感じる。
母なる大地を地球を感じさせる山…

そういう特殊な存在の山を身近に感じて…

息子は生活していることだろうと思う。。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1449-76878d1f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。