Entries

画家の義務

フランス人の巨匠 ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ の言葉。

一般人に普遍的に美を提供する事が画家の義務である。


生きていた頃の東郷青児も同じ想いだったようで…
「あまり高く絵を売るなよ。一般人が買えなくなるからな。」
人気作家になった後も身近な画商には
「1号辺り10万以内で売りなさい」と言っていたそうです。
きっと一般人の方に身近に飾って欲しいと思ったに違いありません。
(余談ですが…東郷氏の死後、価格は大きく跳ね上がり、贋作も多く出まわっているそうです。)

普遍的な美を提供する…


普遍的な美と言うのは…
長年経っても変わらないモノ。
人の心に寄り添いパワーを与える。
生きる力や直感力…
そういうモノだと思う。。


だから、人は美術館を作ったり美術品を大切にするのだろうと思う。


人づてに、とても嬉しいエピソードを聞いた。
お嫁入りした作品は玄関に飾られているそうです。


写真
毎朝こうちゃんふくちゃんいってきまーす。って出かけてるそうです。


作品を玄関に掛けて頂くことも多いのですが…
「いってらっしゃーい」
「おかえりなさい」


そういうふうに持ち主の心に寄り添ってくれたらいいな…


今日は花屋に行きました。
薔薇の花を選んでアレンジをしてもらいました。
オレンジ色の暖かい炎のような色の薔薇です。
とても心地良いです。

花はしばらくすれば枯れるけれど…
この美しさを私の想いと共に永遠の美にかえてキャンバスに刻んでいこう。
愛するあなたのしあわせを願って…
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1443-bd5bebee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008