Entries

病室での鑑賞会

天神アートビエンナーレ、無事終了。
今日は文化連盟の事務所へ作品を取りに行きました。。


その後、病院が近くなのでTさんのお見舞いに行きました。。

展覧会の報告をして作品の写メをみせると…
「元気でるねー」と言ってくれたので勇気が出ました。。

実は、“不死鳥”は炎の中から復活していくイメージだったので…
病気の方には負担になるのではないかと、ちょっと躊躇していたのです。

その台詞を聞いて、急きょ、「(病室へ)持って来ましょうか?」
…と病室へ作品を持って来ました。


不死鳥20121010





作品を観るなり…
「いいね!パワーが出るよ。」
…と言って、作品を眺めていました。。

完成した作品というのは…
別の魂で独自の存在感やパワーを持つような感じがします。。

子どもみたいな感じです。。
子どもは、母親が生むのだけど、母親とは別の人格を持ち別の存在になる。
作品を生み出すというのはまさにそんな感じです。


Tさんが手を合わせ絵を眺めてて…

思わず…

「不死鳥になって下さい!」

…と言うと、力強く

「そうだね。」と。


部屋には「お父さん絶対負けないで!」と、子どもからのエールと家族写真が飾ってありました。



病室を去る時…
私が病室に来た時よりもTさんの表情が随分とイキイキとしていました。

ちょっぴり大きな作品だったので、旅行用のカートに乗せてガラガラと運びました。
なんか変な人だったかもしれません。。


でも、ちょっとでも元気になれて良かった。。。

「ありがとう。」

Tさんの言葉が沁みました。。


病室を去る時…
作品の重さに手応えを感じていました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1274-68732a46

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008