Entries

失敗と怒る理由についての考察

失敗は失敗だと思わない限り失敗ではないとエジソンの言葉に学ぶ。

有名な話で電球を発明するまでにたくさんの失敗を重ねたことをインタビューされたときに、「失敗したのではない。これでは成功しないという方法を発見したのだ。」といったと言う。

逆境や八方塞がりの様な心境になった時に、失敗したと落ちむのではなく…
その物事をどう捉えるかが重要な鍵なのだろうと思う。

…とは言え、相手が人間の場合はムズカシイ。。。

相手が自分と同じ状況や考え方のヒトとは限らないし…。

随分昔の話を思い出した。
これもまたアメリカで美大生だったころの話。

学生だった私は、授業で使う為のキャンバスを自宅のアパートで作っていた。
木枠にキャンバス布を釘で打ち付けて作るのだけど、それはまるで大工さん。
作り始めてしばらく経ったときに下の住人が上がって来て文句を言ってきた。
背の高いちょっと太った白髪のアメリカ人が住んでいた。
「釘でも打っているのか?」と。
そのアメリカ人に説明すると…
「君の状況はわかるが、そういう作業はもっと昼間にやってくれ。」
…と注意された。
その時は夕方(5時か6時頃)だったので、じゃあ、昼間にやったら良いのねと、別の日の昼間に作業をしていると…スゴイ剣幕ですっ飛んで来て「昼間でも休みの日にはやめてくれ。」と言われた(汗
その時はさすがにチョット言い返したけれど、イヤな気分になるのもイヤなので、その後は学校で作業をするようにした。
すると、別の日にまたそのアメリカ人がすっ飛んで来て呼び鈴を押してきた。

「また釘を打っているだろう!!!??」
「????」

きっと私はハトが豆鉄砲をくらったようなビックリした表情だったのだろうと思う。

「へ?(キャンバスを作ったり)してないですよ?どうしたんですか?」

普通にビックリしたように対応すると…
「そうか。君の家じゃないのか。じゃあ、君のうちの隣かな。。スマン、スマン。ウチは病気で寝ている家族がいるんで…つい神経質になってしまった。ごめんな。」

…と言って帰って行った。
(後で考えると料理を作っていた時に「トントン」と、数回打ち付けるような作業をしていた。)

自宅に寝たきりの家族がいて、ずっと介護したりしていたりしていたのかな…?
だから、あんな神経質になるんだなあ…と思うと可哀相に思えた。


後々考えると、その一件は良い勉強になった。

怒る状況ではないような場面で必要以上に怒る人がいるけれど…
そういう場合は相手の状況を考えるようになった。。。

そして考えてみた時に、不当に怒りっぽい人は、育てられ方や現在の状況が不幸であることが多い気がする。
でも、単純な理由(お腹がすいた、疲れた、眠い)で怒りっぽくなることもあるし、女性特有の身体的、感情的な短気…ということもあるし、男性の場合は男のプライドを傷つけられたりする場合は不当に怒るような気がする。


ちなみに、私自身も子どもに対して怒ることがある。
怒るといっても冷静に「こういう理由だから怒るんだよ。」と論理的に怒るようにしてるのだけど、それでも女性特有の感情的に怒ることもある。理不尽だったなぁ…と思った場合は必ず「ごめんね。」と言うようにしている。

そういえば私…
自分の母親が不満で愚痴ってるのは見たことあるけれど、怒っている姿は見たことがないし、両親の夫婦喧嘩も見たことがない。

子どもに怒ってしまう私はまだまだ未熟かも。。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1078-cccc818a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008