Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1037-49120d57

トラックバック

コメント

[C782]

感受性について ちょうど blogを書いた所です。
是非 講演で 伝えて下さい。

以前も お子さんの学校で講演した事ありましたね。


出来るだけ 小さいうちから 鑑賞の仕方を教える事が 日本には必要です。

自由にかんじて、と 言っても その 自由が 縛られていて誰かに先にお手本を示して欲しがるから 参ってしまいます。


個性が削がれる教育だから。


何れにせよ 少しずつでも 精神を解き放つような事を 教えるのが必要です。

期待しています。





  • 2011-09-24 21:01
  • 瀬下ゆり子
  • URL
  • 編集

[C783] Re: タイトルなし

瀬下ゆり子さま

コメントありがとうございます♪
作品とブログ、拝見しました(^^)
私はこういう自由度の高い作品、ダイスキです。
良く、絵はムズカシイと言われたりしますよね。
“自由に感じる”ことの難しい鑑賞者がいるのも確かです。
でも、それは【正答がない】という事に慣れていない日本の教育が原因のような気もします。
作品を見て色々なモノを感じることが出来る…それが感性の豊かさ、ですよね♪
作品の自由度、については日記に書いてみようと思います。。
  • 2011-09-24 22:28
  • 桑水流みき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

感性についての考察

まだまだ先の話だけど、講演依頼を受けました。
ある方とアート鑑賞の話をしていて、感銘を受けた方がぜひ私に講演をして欲しいとのコトだった。

講演会は来年度なのだけど…
楽しみでワクワクしちゃってます。

演題はまだ未定。
だけど、【感性のチカラ】について講演したいな~と思っています。

よく、アートを鑑賞することは感性を養う、と言われるし…
私自身もそう思います。
芸術の役割というのは人間の知覚的な能力である【感性】を養うと思うんですよね。

じゃあ、感性とは何か?

芸術家はアートや音楽やパフォーマンスなどなど…色々な方法で言葉で表現出来ないモノを表現しようと試みます。
それを表現する力が感性であり、感じる力が【感性】というもの。
感覚と違うのは…赤いモノを見て「赤い」と感じるのが感覚。
更にそこからさまざまな感情や感動を感じたり湧いたりするのが感性…。

感性は数学の計算のように答がバシッとヒトツだけ導かれる者ではナイし、人に寄る程度の差も大きい。
感性を磨くとどういう利点があるか?
感性を磨くと人生にどう役に立つか…?
生きる力に【感性】はどう繋がっていくのか?

もちろん自分なりの思うところもあるのだけど…
上手く説明出来る言葉がまだ見つからない状態。。

感性というのは、美や善などの評価判断に関する印象の内包的な意味を知覚する能力、と辞典の意味は述べているけれど…
人知を超えたものを感じる能力じゃないか…と思ったり。
そして、芸術はそれを研ぎ澄ます役割を担う…。

まぁ、まだまだ漠然として考えはまとまらないのだけど…
感性ってなんだろう?

そんなことを日々、ふとした時に考えたりしています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1037-49120d57

トラックバック

コメント

[C782]

感受性について ちょうど blogを書いた所です。
是非 講演で 伝えて下さい。

以前も お子さんの学校で講演した事ありましたね。


出来るだけ 小さいうちから 鑑賞の仕方を教える事が 日本には必要です。

自由にかんじて、と 言っても その 自由が 縛られていて誰かに先にお手本を示して欲しがるから 参ってしまいます。


個性が削がれる教育だから。


何れにせよ 少しずつでも 精神を解き放つような事を 教えるのが必要です。

期待しています。





  • 2011-09-24 21:01
  • 瀬下ゆり子
  • URL
  • 編集

[C783] Re: タイトルなし

瀬下ゆり子さま

コメントありがとうございます♪
作品とブログ、拝見しました(^^)
私はこういう自由度の高い作品、ダイスキです。
良く、絵はムズカシイと言われたりしますよね。
“自由に感じる”ことの難しい鑑賞者がいるのも確かです。
でも、それは【正答がない】という事に慣れていない日本の教育が原因のような気もします。
作品を見て色々なモノを感じることが出来る…それが感性の豊かさ、ですよね♪
作品の自由度、については日記に書いてみようと思います。。
  • 2011-09-24 22:28
  • 桑水流みき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。