Entries

感想を言って下さい

この絵をみた感想を言って下さい(^^)


p01.jpg


あるテレビ番組で、フランスにはたくさんの素晴らしい美術館があるけれど、フランス人のアートに対する意識はどうなのか?…という調査をしていた。

…ということで「モナリザ/レオナルドダビンチ」「叫び/ムンク」「落ち穂拾い/ミロ」「ひまわり/ゴッホ」の作品のパネルをフランスの街頭で見せて、作品名を作者名をこたえてもらう、というもの。
だけど、フランス人で正答出来る人は日本人の調査データよりも遥かに少ない。

これは、何故なのか?

フランスの小学校では名画を見せて題名や作者名を覚えさせるようなことはしないそうだ。その代わり、総合的に作品を感じること、ありのままの作品をみて感じることの方が大切と考えているそうだ。だから、作者名や作品名よりも、作品を見た時の感想や自分の意見をシッカリ言えるということを重要視した教育なんだそうだ。


そこで、上記の質問。
「この絵の感想を教えてください。」
…と言って、フランスと日本での感想を言う時間を計っていた。

日本人は平均4.3秒に対して、フランス人は平均35.4秒。

日本人の例。。。
「簡単に言うと絨毯って感じ。やっぱり絨毯って感じです。以上。」
「目がちょっと疲れますね。…キレイにも見えるし。…目が疲れます。」

フランス人の例。。
「何を思うかと言うと…パッチワークみたいだね。ベットカバーのパッチワークみたいだ。不思議な絵で同時に深さも感じる。何を表してるのかハッキリしないけれどカラーは面白い。周辺がとても濃くてトンネルを表現してるみたいだ。私はそう思うよ。」
「パッチワークのカバーみたい。それともきれいなタイルの床。色つかいはわるくないわ。パッチワークの一種。それか、人に寄って感じ方は違うけれど、大聖堂のステンドグラスのようにも見えるわ。色はきれいだけど、私は自分の家に掛けようとは思わないわ。これなら自分でも描けるわ。」


作者名やタイトルより【自分がその絵から何を感じる】ということを大切にしているアート教育は日本も見習って欲しいと思う。
それこそ感性を伸ばすコツだと思うんですよね。。。

ちなみに、上記の作品は「パウルクレーの花ひらいて」という作品でした☆
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuw0703.blog102.fc2.com/tb.php/1033-a3bd7700

トラックバック

コメント

[C774] クレーぽいな と 思いました

この作品を見て 私は クレーぽいなと思いました。

教育が違うから、自分がどう感じるかを フランスでは大切にして 感じかたを口に出します。


ところが 日本では 感じるより先に 考えるから困ります。


だから、タイトルを付けると、そのタイトルと作品がいかに合っているか いないかを考えてしまって、解らない絵なんて言う。


富士山とか 何処から見た何処を描いた絵でそれがいかに、似ているかを重要視する傾向にあります。


そうすると 何か具体的な物でなくてはいけないかに、作家迄引っぱられて。


小さい頃からの教育を自分でしなくてはならなくなります。


良く 似ていたらいいのか?

それと 芸術性の高さとは違うように 私は思いますがねえ。


  • 2011-09-14 11:18
  • 瀬下ゆり子
  • URL
  • 編集

[C775] a

お久しぶりです 今年見ましたタテ10ヨコ9感動シマシタヨ!
  • 2011-09-20 20:52
  • satoshi
  • URL
  • 編集

[C776] Re: クレーぽいな と 思いました

瀬下さんのコメント嬉しくなりました。
確かに日本のアート教育って…どこかズレて居るところがありますよね。。

作品名を覚えるのは、美大生でいいじゃない?
(美大の美術史の授業でありました。)
一般的にはもっと鑑賞を重視して欲しいです。。
  • 2011-09-20 23:33
  • 桑水流みき
  • URL
  • 編集

[C778]

実物をみるとまた印象が違うんでしょうね!
  • 2011-09-23 22:32
  • 桑水流みき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本にて百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,長崎大丸など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。2015年/4月 山形屋(鹿児島)で個展予定。


☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008