FC2ブログ

Latest Entries

尊敬する女性。。

先日、女友達で尊敬する女流画家Mさんとランチして感銘を受けたので皆様とシェア💖

彼女は絵画教室もあちこちの会場(一般の会場から刑務所も含む)で多くの生徒さんを教えつつ、大作も個展もグループ展も…と活躍してらっしゃいます。さらに、実年齢は私の母と同じなのに、見た目は−20歳☆彡 例えば、お肌はベビーパウダーでお粉する程度のノーメイクなのに全くシミもない美魔女。
10年ほど前、Mさんがおばあちゃん達とランチしているのを見て「随分年配の方の知り合いもいらっしゃるんですね。」と言うと「何言ってるの(笑)あの方達、、私より10個くらい歳下よ!」と言われて驚愕した位です。
そのMさん曰く、「長生きすればするほど、楽しみが増えるわよ!だから、健康でいなくちゃ!」と。。。
「健康に長生きする秘訣は、食事と…他人に対して妬まない。怒らないことよ!」と言われて、とっても納得でした💖
Mさんに会うたびに、30歳ちかく歳下の私の方がパワーを貰います。
彼女のように素敵に年齢を重ねていきたいなぁ…と思います。

彼女が地元で個展した時の記事があったので、リンク
過去の彼女の個展を見に言った時の記事はコチラ

いのち

随分とブログの更新が空いてしまいました。

明日から、第32回日洋展が開催されます。
33035981_1605172266246758_188536278176759808_n.jpg


実は、作品制作の時期に不幸があり筆が進まず…
搬出に間に合いそうもなく出品を諦めようかと思いました…

「もう、今年は諦めようと思います。。」
…と業者さんに連絡したら、
「作品、描かれているんでしょう。がんばってください!」
…と言われて、「がんばってください!」が心に沁みました。。

今年の作品のタイトル 「いのち」です。
IMG_1324.jpg
あっという間に散ったいのち。。
桜が満開の頃に生まれたいのち。。

そんな状況の中で描いた作品です。。

嬉しい報せ

「下書」しようとしたら間違ってUPされちゃいました(^^;ゞ

えっと。。。

嬉しい報せというのは、「不死鳥」を購入された方からメッセージを頂きました。

会社の空気が明るくなるように「不死鳥」を掛けたら元気が出たとのこと。。
そのメッセージをいただいた私も元気になりました。

大切にしてくださってるんだなぁ…ということ。
絵を掛け変えるという、、絵画を愉しみを心得ていらっしゃることにも改めて嬉しくなりました。。

本物の絵画は、空気を変えるんですよね。。
絵に寄って、描いた方に寄って、絵に込められたパワーも違うし…

作品に込められた色々な想いが絵画から伝わってくると思います。。。
生きる力を与えるような
清々しい気持ちになれるような
作品を創っていけたらいいなあ
…といつも思うのです。

ただ、今の私の現状…
足踏みをしてるような状況の中でも…
見守ってくださって居る方がいること。
待ってくださって居る方がいること。
改めて、嬉しくて勇気づけられます。

壁に掛けたという「不死鳥」の画像を送って頂きました。。
パワーを贈りたいという想いで描いた作品から、私自身パワーを貰ってる気がしました。。

ありがとうございます。。

IMG_4470.jpg

息子のこと

 息子が大学受験のため作品制作はしばしお休み中。。
中学から高校2年生まで寮生だった息子。
学校の方針で高校3年生は本来なら下宿なのですが…
一緒に住みたいという私の気持ちもあって…
一年間、鹿児島にて息子のサポートをしています。

私自身は高校を卒業して一人暮らしをして以来、親元を離れました。。
もしかしたら、高校を卒業して…息子は離れて行くかもしれないし。
最後の子育て期間のつもりで今は息子最優先の生活です。。

思い返せば息子を出産してから数年間は画業は出来ませんでした。。

息子が幼児の頃…
絵の関係(研究会)のために実家に預けたりしていました。
「だっくん(幼児の頃に自分のことをそう言って居た)が悪い子だからあずけられるの?」
…と息子に寂しい思いをさせたりもありました。。
初個展の後、熱を出しました。
息子なりに頑張って応援してくれたんだろうな、と思います。。

画家としても息子にはいっぱい支えられて来ました。。
今は息子を支えてあげる時期なんだろうな、と思って居ます。


東郷青児展を観て来ました。

年末に観に行ったら休館だった石橋美術館じゃなかった、久留米市美術館。
やっと、念願の東郷青児展を観て来ました。

IMG_9885.jpg


アメリカで絵画を学び、画家を志してから…
偶然にも東郷青児の関係者にお世話になることばかり。



東郷青児からお世話してもらって画廊を立ち上げた社長…

東郷青児や娘のたまみさんの関係者である画廊の方々…

私が画家を志したときは亡くなって居た方ですが、「東郷先生はこういう人だった。」と関係者から聞き…

聞いて居るうちに、作品が観たくなり…

あちこちの美術館に東郷青児の作品を訪ねて観に行ったりしました。。



戦前〜戦中〜戦後、と生きた画家ですが、作品は少しも古さを感じさせず魅力的で…

私は、日本人の洋画家の中では最も優れた画家のひとりだと思います。

私が年月をかけてあちこちの美術館に観に行った作品群が、一挙にそろって居て…

感動して泣きそうでした。


この展覧会、本当に素晴らしいです。


2018年2月14日まで開催されています。
行ける方は、ぜひとも行かれるのをお勧めします。。

Appendix

profile

桑水流みき

Author:桑水流みき
桑水流(くわずる)みき
鹿児島出身。福岡県在住。

独特の弧や曲線の美と平面による再構成に精神世界(Spiritual World)を織り込んだ絵画的表現で純粋芸術(FIne Art)を追求しています。

1994~1999年アメリカの大学と美大(MC&MICA)にて絵画 (Fine Art)を専攻。帰国後、日洋展(2003年~)と2006年以降、福岡、東京、鹿児島、長崎、熊本、大分など。。百貨店・画廊にて個展中心に活動中。(大丸福岡天神店,山形屋,鶴屋,大分トキワ、山下画廊など)日洋会会員。福岡文化連盟会員。

☆HPはhttp://www.kuwazuru.com
Facebookの公式ページ
mixiも気楽にどーぞ♪
Twitterでもつぶやいています。


講演会やお仕事依頼等の問い合わせはブログのコメント(管理者だけ表示をチェックして下さると非公開です♪)をお気軽にご利用ください。

calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

monthly archives

track back

log


にほんブログ村 美術ブログへ

QR code

QRコード
Miki's brog

search

connter

since February 11 2008